Impressions-SCREAMIN' JAY HAWKINS

ALBUM NOTES

1990年の8月から12月にかけて、BIZARRE RECORDS( CA.,U.S.A )により、ハリウッドの「TRACK 2nd」スタジオで録音され、翌'91年に発売された。
DEMON RECORDS( Brentwoods, Middx, UK ) は、BIZARRE RECORDS の許諾のもと、英国でこの CD を発売。
ラップ付き?の"I put a spell on you"や、なんでか日本語でセマるネエちゃんが登場する"Voodoo priestess"は「長くその栄誉を称え」たいホドのスンバラシさ?でございます。
が、コンサヴァ系のブルース・マニアには恐らく「KUSO-MISO」にケナされちゃうだろなあ。


accompanists

Michael Keneally: guitar, keyboards & backing vocals/ Tonio: Rap on "I put a spell on you"/ Rik Shannon: drums, percussion & background vocal/ Bara Southern & Dana Garrett: sax/ Bo Didley,Jr: guitar/ Mark Goldberg: stand-up & electric bass/ Steve Batie: piano on "I put a spell on you"/ Julie Syperda-Duffey, Meredith Marshall & Jill Foor: backing vocals


1. Is you is or is you ain't my baby
 
(Jordan-Austin)

これはもうギターの音が洗練されてます。ストラト系のフェイズアウト・トーン。
そこに抑えめのホーン・セクションと、マイルドなトーンの女性コーラスがからみます。
曲自体もモダーンなつくりで、ギター・ソロではさりげなくオクターヴ奏法をかましてます。軽めなシャッフル( どことなく"Hit the road Jack"を思わせるつくり)。


2. I feel allright

ギターによるイントロ。スピードのある歯切れの良いシャッフルで、バックにはいつもの女性コーラスが入ります。
キャッチー?なテーマが繰り出されてて、ナゼかサビに入ると、畳み込むようなテンポにアップするような感じがします。ギター・ソロは熟練のワザ!(たぶん Michael Keneally )。サックス・ソロもまあまあではないでしょか?
終わった、と見せかけて、今度はギター一本での静かなブギが(クレジット無し、でも、なかなか聴かせまっせ)。 F.O.


3. I put a spell on you
 
( DANCE VERSION)

チョッパーのベースがちょーファンキーなヴァージョン。
一番違うのはラップ付き(日本人までラップやってるイマから見ると「ラップ」っちゅーよりはタダの「DJ」じゃん?ってカンジもすんだけど)!カッコいい(って当時は思ってたハズ)!!
この曲だけはプロデュースが Robert Duffey の手を離れ、Cool Slo Moe Ice Man Bobby D.の名がクレジットされています。おそらく、ラップ入れてる連中の名前じゃないでしょか?
3回目のラップ・パートじゃナゼか日本語で「それすら昔の What I do 」と聞こえる(ホントだってば)ラップが楽しい。SJH のヴォーカルはラップと相性がいいみたいで(あたりまえか?)違和感なくコナしてます。
この曲でのピアノは別人で、Steve Batie。ベースは敢闘賞でございます。
ところどころに入る、ネエちゃんのイロっぽい「タメ息」もなかなかよろしい(ってなにがじゃ?)。


4. I hear your knockin'
 
(Bartholomew-King)

ギター&ブラスのリフで始まるクセの強いブギ・ナンバー。
今回も女性コーラスをタップリ無駄使いしてます。
バックに聞こえるオルガンは Michael Keneally による多重録音か?しかも、ギターもちゃんと2本以上聞こえてるよーな気がすんだけど。
途中のソロはちょっと地味なサックスだけ。その間もギターはメッチャ派手なリフを刻み続けてます。


5. Heart atack and vine
 
( Waits)

特徴あるギターから始まるヘヴィーな 4 beat。ギター・ソロには軽くフェイザーかけてるみたいで、いい音出してます。ソロもいい出来。
SJH のヴォーカルはすっかり酔っぱらいモードだよ、こりゃ。ただクダまいてるだけみたいな歌だけど、ま、その程度じゃ、さほどオドロかなくなった自分がコワい? F.O.


6. Ignant and shit

ピアノとギターのからみがお洒落なイントロの、ライトな 4 beat。ギターがいいですねえ。ヨユーかまして遊んでます。サックスも一緒にガンばってまっせえ。 SJH の Vocal は「歌」というより、「語り」って感じね。なにやらい〜っぱい語ってます!
ゆうべパクられてムショに入れられた、とか・・・ ところで、「Ignant」っていったいナニ?手持ちの辞書に載ってないんだけど。
Ignorant なら「無知な」てな意味なんですけどねえ。


7. Swamp gas
 
( Hawkins-Keneally-Shannon)

ジャングル・ビートの曲。ギターのリフが利いています。コーラスもアフリカっぽいつもりなのでしょーか?SJH がやると、どーも「エスニック」って言うよりは、タダの「おちゃらけ」に聞こえちゃうってのは、やはり、カレの「人徳」っちゅーものでございましょうか?
よーするにジャングル・ビートにしても、コーラスにしても、ブロードウェイ的に一度、洗練?しちゃったものをプロトタイプにしてるから、ウソくさい=笑える、なんでしょね。


8. Voodoo priestess
 
(Keneally-Duffey)

いよいよ、モンダイの曲です。
イントロ部分じゃ SJH と色っぽいおネエちゃんの会話?みたくなってんだけど、まず SJH がおネエちゃんに、「いろんな宗教のコト知ってるだろ?」、ンフン。「じゃハレ・クリシュナは?」、ンン。「韓国の文鮮明は?」、ンフン。「バプティストは?」、ノウ。なんてのが続いてて、しかも、SJH が「あ、これなら知ってるだろ?」ってんで、思いっきり日本語で「オバケ」って言ってるし。
実はそれがキョーフの伏線だったのよね〜。
歌が始まるといったんおネエちゃんはネムリにつく?んだけど、後半になると、ア〜ン、と目を醒ましたおネエちゃんがモロ「日本語」で

おまじないをかけてあげる。
おまじないをかけてあげる、スクリーミン・ジェイ。
あなたは私のものになるのよ、スクリーミン・ジェイ。
心も体も、頭の中まで私のものになるの、スクリーミン・ジェイ。
おまじないをかけてあげる。
あっという間のおまじない、
きっとあなたは気がつかないわ。
ずっとあなたは私のものよ、スクリーミン・ジェイ。
私のものよ、スクリーミン・ジェイ。
私のものよ、スクリーミン・ジェイ。


って、ずっとクドいてんの。すごいでしょ?
さすがの SJH もだんだんビビってきて、「What ?」、「な、なんか居る!」、「こりゃいったいなんだ?」、「クソっ!お前は誰だ?」、「姿をみせろ?」、「ゲッ!いま俺に触っただろ?」と、 どんどんパニクってくのでございます。
しかしまあ、こんなアイデアいったいどっから出てくるんでしょね?


9. Ice cream man
 
( Waits)

小イキなギターで始まるシャッフル・ナンバーです。
お馴染みジョン・ブリムの "Ice cream man" かと思いきや、ちょと歌詞までちゃうみたいで。どーやらトム・ウェイツってえ白人の酔っ払いの歌ったのが下敷きみたいですよん。でも、これはこれでなかなかイケてますね。
ところで、ギター・ソロかと思うとカッテイングだけで終わっちゃうのはナゼ? オブリではさんざコネくりまわしてるけど。


10. I want your body

オーソドックスにピアノで始まる「あたりまえ」のスロー・ブルースみたい。
このギター、ぜったいコンプレッサー使ってるよねー。この曲でのギター・ソロは Michael Keneally じゃなく、Bo Didley,Jr.の方かも。なんか手クセちゃうよな気がすんだけど、確信あるワケやおまへん。なんかギター、一本しか聞こえないんだけど、なんで?
Mark Goldberg はこの曲じゃ、Stand-up Bass使ってます。


11. Ol' man river
 
(Kern-Hemmerstein)

ドラマチックな入り。このスタンダード・ナンバーをピアノの上にのせて静かに・・・と思ってるとトツゼンの絶叫!うひ〜、さすが SJH。その落差がモノ凄いですねえ、嫌いじゃないですけど。
途中で一転して、軽快な 4 beat になるんですが、そこで「ひょっこりひょうたん島」にそっくりのメロが出て来て笑える 。ってそれがギャグ?として通用すんのは日本でだけだよね。


12. Strokin'
 
(Carter)

ドラムで始まるとってもファンキーなナンバー!リズムのパターンは、ちょっと"Chickin"にも似てるかも?トリッキィなギターのリフがキモチいい!でもあいかわらず下世話な世界やなあ。
I'll be strokin' to the East, strokin' to the West, strokin' to the woman!と来たもんだ。F.O.してくあたりのギターのリフがなかなか。 最後になんか「声」だけ入ってるぞ。一瞬だけどね。


Go to: INDEX : VOODOO CAFE : SONG A-Y : BBS
inserted by FC2 system